本人の情報収集と設計者のやる気

 大手ハウスメーカーに依頼したので、きっといい感じに提案してくれるだろうと安心していました。が、提案された間取りは当時流行りのコの字型(外から見えない中庭をつくる感じ)で、希望していたLDK続きで使いたかった和室は、和室が分離した形に。何度かやり直してもらいましたが納得のいくものではなく、結局、試行錯誤しながら自分で間取りを決めました。
 プランを進めていくうちにだんだん心配になり、図書館で住宅・インテリア関係の雑誌を片っ端から読み、猛勉強しました。担当の方はこちらからの希望には応じてくれますが、それは単に期日までに設計書を完成させるのが目的のようで、残念ながら設計者の目線から細かくアドバイスしてくれるわけではなく、その結果失敗した点をいくつか挙げます。

<1>洗面所に取り付けてもらったバスマット掛けが、掛けたら床に届いてしまうので無意味。
<2>システムキッチンの引き出しを引くと、コンセントの差し口に当たってしまい、引き出しが全開に出来ない。
<3>軒を広くして欲しかったが、当時は軒の少ない屋根が多く、こちらが聞かなければ危うく我が家もこのタイプにされるところだった。希望を伝えてほっとしていたが、住んでみたら、下がった面の軒(二か所)しか伸びてなく、傾斜の部分の軒はそのまま。運悪く、我が家の軒の欲しかった部分(リビングの窓)が短いままの軒の部分にあたり、少しの雨でも窓を閉めないと濡れてしまう生活。

その他では、こちらが実際に見て欲しいと思ったアイテム(門扉やタイル)が、そこのハウスメーカーの取り扱い商品でない場合、なかなか相手にしてもらえず苦労しました。
 設計担当の方がもう少し・・・という残念さはありますが、素人ながら必死で勉強してあれだけ考え悩んだんだから、と、当時の自分をねぎらう気持ちで暮らしています。